下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤は足の血管が浮き出たり、膨らんでしまう病気です。

下肢静脈瘤自己チェックリスト

足

  • 夜中や明け方になるとよく足がつる
  • 夕方に足がよくむくむ
  • 足が疲れやすい
  • 足がだるい、重く感じる
  • 細い血管がクモの巣や網目のように広がってきた
  • ふくらはぎや太腿の血管がボコボコ浮き出ている
  • 足にシミや色素沈着ができやすい
  • 足にできたアザや傷が治りにくい
  • 足の皮膚にかゆみや湿疹ができやすい
  • 足首の皮膚が茶色や黒っぽく変色している
  • 足の皮膚が硬くなったと感じる
  • ふくらはぎの内側に潰瘍ができる
  • 家族に下肢静脈瘤を発症した人がいる

5つ以上の項目に当てはまった場合は、下肢静脈瘤の可能性があります。もちろん、そうでない可能性もあり、他の病気が隠れている場合も考えられます。そのため、一度、専門医による診察を受けておくと安心です。

下肢静脈瘤とは

足は心臓から最も遠い場所にあり、さらに立っている場合には重力に逆らって血液を心臓まで戻す必要があります。そのため、心臓まで血液を戻す血管である静脈には弁があって、血液の逆流を防いでいます。
この弁が壊れてしまって、血液が逆流してしまうのが下肢静脈瘤です。
血管疾患ですが命に係わることはありません。ただし放置して自然に治ることはなく、足のだるさといった軽い症状はやがてゆっくり悪化していきます。足にコブ状になった血管が浮き出て、色素沈着、潰瘍といった重い皮膚疾患を起こす可能性があります。
下肢静脈瘤は治療を受けることで足のだるさなどを解消でき、コブ状の血管などのないきれいな足に戻すことも可能です。早めに治療を受けることで重い症状まで進ませないことができますので、気軽にご相談ください。当院では、血管外科医が丁寧に診断し、適切な治療を行っています。

下肢静脈瘤の概略と原因

血液は心臓ポンプ作用によって動脈を通って全身にいきわたります。その後、毛細血管を介して静脈に集められ全身から心臓へ戻ります。心臓ポンプの力は動脈に働きますが、静脈が血液を戻す力にはなりません。心臓から最も遠く、立っている際には重力の影響を大きく受ける足の静脈は、ふくらはぎの筋肉運動が静脈に力を与え、血液を心臓へと押し出しています。そして、押し上げられた血液が重力の影響を受けて逆流しないよう、静脈には逆流防止弁が備わっています。

下肢静脈瘤

弁を断面で見ると八の字の形になっていますが、これは心臓がある上方にのみ血液が一方通行で流れるようにする役割を担っているからです。
この弁が何らかの原因で壊れて血液が逆流し、それによって滞った血液により静脈が瘤のように膨らんでくるのが下肢静脈瘤です。

下肢静脈瘤

足の静脈について

足の静脈には、筋肉の中の深いところにある深部静脈と、皮下の浅いところを走る表在静脈の二つの系統があり、下肢静脈瘤になりやすのは表在静脈です。
表在静脈は、足全体を走る大伏在静脈と膝から下に走る小伏在静脈があります。大伏在静脈は脛と太ももの内側を上に向かって走り、足の付け根(鼠径部)で深部静脈に合流しています。小伏在静脈はふくらはぎから膝の裏側に回って深部静脈に合流しています。
大伏在静脈と小伏在静脈という表在静脈が深部静脈に合流する部分には高い圧がかかりやすくなっており、逆流防止弁が壊れやすくなっています。
下肢静脈瘤

下肢静脈瘤になりやすい人

下肢静脈瘤は、年齢や性別、環境などさまざまな影響を受けて発症しますが、なりやすい要因が存在します。

遺伝

血縁者が下肢静脈瘤を発症している場合、下肢静脈瘤リスクは上昇しやすいと言われています。両親が共に下肢静脈瘤の場合、その子どもの90%に発症が見られるとされています。

加齢

運動不足による筋力低下が起こり、以前よりも大きな負担が弁にかかってくることが発症につながります。ただし、発症が多い年齢は30~50代ですので、高齢というより若い方には少なく、その後発症が増えていくとお考えください。

性別

男性1に対して女性は2倍の発症率がありますが、女性の発症率が高いのは、妊娠や出産などホルモンバランスの変化に関係しています。妊娠中は黄体ホルモンの働きが促進して下肢への血流量が増加し、血管や静脈弁に大きな負担がかかります。

立ち仕事

立っていると重力の影響を受けて弁は大きな負担にさらされるため、立ち仕事は下肢静脈瘤を発症しやすいことがわかっており、1日10時間以上立っていると重症化しやすいとされています。美容師や理容師、販売員、調理師、看護師などの職業は下肢静脈瘤の発症率が高いため注意が必要です。足のだるさやむくみなどの症状に気付いたら、早めに受診してください。

検査について

超音波検査機下肢血管超音波検査(エコー検査)を行っております。超音波検査はお腹の赤ちゃんの状態を調べるのにも使われるほど安全性が高く、痛みの全くない検査です。また、血流の情報をつぶさに得られる唯一の検査方法であり、最も重要で必要な検査です。他にも下肢静脈造影検査やMRIなどもありますが、こちらには被曝などのリスクがあるため、特殊な場合にのみ行われます。

033339113224時間web予約

口コミを見る

口コミを書く
下肢静脈瘤サイト