胃カメラ

胃カメラの重要性

胃カメラ発生頻度の高い胃がんの治癒には、治しやすい初期に発見できる胃内視鏡検査が必須です
胃がんは、男性の9人に1人、女性の18人に1人がなるとされている発生頻度の高いがんです。そして、がんの種類別の死亡者数でみると、胃がんは男性で第2位、女性で第3位と報告されています。
ただし、胃がんは早期発見し、適切な治療を受けることで95%以上が治癒しています。早期に見つけた胃がんはとても治りやすいがんであり、治療も日常生活にほとんど影響なく受けることができます。
そして、治しやすい初期に胃がんを見つけるのは、内視鏡検査(胃カメラ)でしかできません。胃内視鏡検査であれば、粘膜の状態を直接、すみずみまで観察できるからです。胃がんはかなり進行しないと自覚症状がほとんどないため、初期の胃がん発見のためには定期的な胃内視鏡検査が不可欠です。

こうした症状に気付いたら、胃内視鏡検査を受けてください

腹痛

  • 胸やけ、胃もたれ、胃痛、食欲不振
  • 貧血を指摘された。立ちくらみすることがある
  • 黒色便。便が黒っぽい
  • ダイエットしていないのに急激に体重が減少した
  • 両親がピロリ菌陽性
  • ピロリ菌検査陽性
  • ABC検診やバリウム検査で要精密検査と言われた
  • 喉の違和感。飲み込む際につかえる感じがする
  • 40歳以上で胃内視鏡検査を受けたことがない
  • ほぼ毎日飲酒している
  • 喫煙歴が長い

当クリニックの胃内視鏡(胃カメラ)の特徴

苦痛のない胃内視鏡(胃カメラ)検査

経鼻内視鏡胃がんの早期発見には定期的な胃内視鏡検査が欠かせません。当院は、「苦痛のない内視鏡検査」にこだわりを持っていますが、これは検査を受ける方にもし苦しい思いをさせてしまったら、定期的な検査が大きな負担になって敬遠するようになり、早期がんを発見できず見逃すことにつながってしまうからです。医師として、治るがんをみすみす進行させてしまう原因となる検査をしたくないという思いこそ、苦痛のない胃内視鏡検査に対するこだわりの原点です。
そのため当院では、最新の機器や手法を積極的に取り入れて、苦痛なく精度の高い検査を行えるようにしています。

 

 

 

経鼻内視鏡検査も受けられます

経鼻とは、鼻から内視鏡スコープを挿入する検査方法です。当院に導入されたオリンパス社の最新モデルの経鼻内視鏡は、スコープ径が4.9mmと極細であり、鼻の内部が狭い方でも挿入可能です。「オエッ」とする舌根部に触れずに検査できるため、喉が敏感な方には特におすすめできます。

希望があれば、ウトウトする軽い鎮静剤使用の検査も可能

寝ている呼びかけると意識が戻りますが、苦痛や痛みを感じることはなく、ウトウトしている間に検査が終わっているといった感触の検査です。軽い鎮静剤を使用しますので、呼吸を含めた全身状態をモニターしながら検査を行います。緊張などによって体に余計な力がかからず、リラックスした状態で検査を受けていただけます。

安全な内視鏡消毒システム

内視鏡に関しては、徹底的な洗浄と消毒を行っています。検査ごとに日本内視鏡学会が推奨する方法を守って洗浄と検査を行うため、感染などの心配をせず安心して受けていただけます。

快適さへの配慮

どんな検査でも言えることですが、患者さんがリラックスしていると検査はスムーズに行えますし、患者さんご自身にとってもお体の負担を最小限に抑えることができます。そのため、安心して、快適に検査を受けていただけるよう、検査室などを含めた院内を落ち着ける雰囲気でまとめ、スタッフ一同がおもてなしの心と配慮を持って対応しています。ご不安のある方は、些細なことでも気兼ねなくご質問ください。

検査費用

1割負担 3割負担
胃内視鏡検査 約2,000円 約6,000円
胃内視鏡検査+病理組織検査 約3,000~4,000円 約10,000円

※目安の料金となります。
※使用する薬剤や麻酔によって、値段が異なります。

033339113224時間web予約

口コミを見る

口コミを書く